電話番号:
中国 ディーゼル フォークリフト メーカー
Xiamen LTMG Co., LTD

LTMGは持ち上げをもっと簡単にします

ホーム 製品LPGのフォークリフト

相殺の範囲のトラック、LPGによってで動力を与えられる輸送箱の上昇トラック置かれて下さい

相殺の範囲のトラック、LPGによってで動力を与えられる輸送箱の上昇トラック置かれて下さい

    • Sit On Counterbalance Reach Truck , LPG Powered Shipping Container Lift Truck
    • Sit On Counterbalance Reach Truck , LPG Powered Shipping Container Lift Truck
    • Sit On Counterbalance Reach Truck , LPG Powered Shipping Container Lift Truck
  • Sit On Counterbalance Reach Truck , LPG Powered Shipping Container Lift Truck

    商品の詳細:

    起源の場所: 寧波、中国
    ブランド名: LTMG
    証明: CE,ISO
    モデル番号: FG30

    お支払配送条件:

    最小注文数量: 1units
    価格: USD10523-11526 unit
    パッケージの詳細: 容器で裸か固定
    受渡し時間: 30日
    支払条件: T ・ T、L/C、D ・ P
    供給の能力: 300units月
    接触
    詳細製品概要
    エンジン: EPA日産エンジン 持ち上がる高さ: 3m
    フォークのサイズ: 1070*125*45mm トラックの重量: 4220kg
    任意: 側面のベルト寄せ、マストの段階、フォークのポジシァヨナー 負荷中心: 500mm
    マストのタイプ: 2つはまたはそこにマストを立てっています
    ハイライト:

    container lifting forklift

    ,

    sit down propane forklift

    セリウム、ISO SGSが付いている3トンのつりあわせのフォークリフトLPGのガスのフォークリフトの特徴

     

    -本体は大きいアークの流線と設計され、開いた反滑りpedal.highの位置の空気吸引の入口と合われてコラムの上の上の保護フレームの後ろでエンジンがクリーン エアーを吸収し、耐用年数を延長することを保障するために合われます。エンジンのフードに吸音力および熱分離の機能があります。

     

    - 後部作り付けの二重持ち上がるシリンダーは、広い視覚眺め、安全操作および高性能使用されます。

     

    - 日本の技術の導入、高性能、オイルの漏出無し、信頼できる仕事、油圧伝達、転位ギヤ弁、滑らかな開始、stepless速度のadjustmet、微動および加速性能によって特徴付けられる微動弁の密集した構造によって作り出される油圧コンバーター。

     

    - 調節可能な運転席、最高の範囲へのreducingoperationの疲労。傾きの持ち上がるハンドルおよび新型多機能のパネルは十分に機械と人間間のハーモニーを表します。

     

    - 輸入された密封の部品はシリンダー、よい付属品で使用される円錐形のシーリングで使用され性能、長い耐用年数を密封します;安全要求事項を満たすために装置、高度のstrudtureを締める自動傾きの多数の逆転弁。

     

    - アメリカの技術、小さい容積、良い業績、長期保管の期間の大きい力そして自由maintenarting電池;電気回路で整理される一般的な接触器は完全に自己放電を取除くキー スイッチの生命を、延長します。

     

    - 美しい出現、速くおよび滑らかな持ち上がることの高く高い生産性、それは理想的なローディングおよび低雑音および小さい煙を必要とする場所、港、ドック、倉庫、倉庫、空港および工場等のための荷を下すmachinです。

     

     

    セリウム、ISO SGSが付いている3トンのつりあわせのフォークリフトLPGのガスのフォークリフトの指定

    製造業者     LTMG
    モデル   力の転位T/M FG30T
    手動転位T/M FG30C
    積載量   kg 3000
    負荷中心   mm 500
    電源装置     ガソリン
    オペレータ タイプ     運転者/座席
    タイヤのタイプ 前部/後部   空気
    車輪 前部/後部   2/2
    最高。持ち上がる高さ   mm 3000
    上昇を解放して下さい   mm 150
    フォークのサイズ L*W*T mm 1070*125*45
    傾きの範囲 前方マスト/後方に deg 6/12
    全長(フォークなしで)   mm 2660
    総幅   mm 1225
    マストの高さ(フォークの低下)   mm 2075年
    上がる全高フォーク あと振れ止めを使って mm 4250
    ヘッド監視への高さ   mm 2140
    回転半径(外で)   mm 2400
    フロント・アクスルへのフォークの前部表面   mm 480
    最少直角の積み重ねの通路 負荷length&clearanceなし mm 2880
    速度 最高の走行full/noの負荷 km/h 18/19.5
    持ち上がるfull/noの負荷 mm/s 450/500
    full/noの負荷の低下 mm/s 450/450
    Max.drawbarの引き 力の転位T/M full/noの負荷 kg 1300/1000
    手動転位T/M full/noの負荷 kg 1350/1000
    1.6km/hの登攀能力 力の転位T/M full/noの負荷 % 17/20
    手動転位T/M full/noの負荷 % 17/20
    トラックの重量   kg 4220
    重量の配分 満載の前部/後部 kg 6390/830
    負荷前部/後部無し kg 1650/2570
    タイヤ 前部/後部 2/2
    モデル フロント・アクスル 28x9-15-12PR
    後車軸 6.50-10-10PR
    ホイールベース   mm 1700
    踏面 前部/後部 mm 1000/970
    最低地上高 最も低いポイント(マスト) mm 120
    フレーム mm 135
    ブレーキ 常用ブレーキ   油圧フィートのペダル
    ハンド ブレーキ   機械手のレバー
    電池 電圧/容量 V/AH 12/60
    エンジン モデル   日産K21
    評価される力 PS (kw/rpm) 47/2250 (34.6/2250)
    評価されるトルク 最高kg-m。(N.m) 15.7/1600 (153/1600)
    シリンダーの数   4
    配置 L 2.065
    燃料タンク容量 L 70
    伝達 前方速度/後方に 力の転位T/Mの手動転位T/M 1-1力の転位T/M 2-2力の転位T/M
    操作圧力 油圧装置圧力 kg/cmの² 180

     

     

    相殺の範囲のトラック、LPGによってで動力を与えられる輸送箱の上昇トラック置かれて下さい相殺の範囲のトラック、LPGによってで動力を与えられる輸送箱の上昇トラック置かれて下さい

    会社のimformation

    LTMGの機械類のグループco.、2001年に確立された株式会社は、構造および材料装置の一流の製造業者です。LTMGにフォークリフトの工場既に15,000台の単位のフォークリフトの120,000平方メートルの生産の基盤との年間生産量があります。

    売り上げ後のサービス

    この頃は世界中の100人以上の代理人はLTMGの専門の売り上げ後のサービスを供給できます。

    (最初に行われる) 1つの年または2000年の就業時間期間の質の保証と供給されるLTMGのすべてのプロダクト。

    細部の節および方針は私達のウェブサイトおよび製品品質の証明書に見ます喜びます。

     

     

    連絡先の詳細
    Xiamen LTMG Co., LTD

    コンタクトパーソン: Ms. Maggie

    電話番号: 86-592-5681408

    ファックス: 86-592-5681408

    私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)

    その他の製品
    Xiamen LTMG Co., LTD
    第498 XINGLIN湾の道集美区シアムン中国
    電話番号:86-592-5681408
    Mobile Site Privacy Policy 中国 良い品質 ディーゼル フォークリフト サプライヤー. Copyright © 2018 - 2021 counterbalance-forklifttruck.com. All Rights Reserved. Developed by ECER